日本の美大と海外芸術大学の学費を比較!| 日本外国語専門学校 海外芸術大学留学科 芸術留学専攻

日本外国語専門学校 海外芸術大学留学科 芸術留学プログラム

留学って高いの?費用で比べる
〈海外芸術大学〉 VS 〈日本の人気美大〉

留学は高額な費用がかかるもの!と思い込んでいませんか?海外芸術大学へ進学した当校卒業生のレポートに基づいて比較してみると、現地での生活費も含めて日本の美大に行くのとそれほど変わらないということがよくわかります。逆に日本の美大って高い!ということに気づくかもしれません。さらに、日本外国語専門学校 海外芸術大学留学コースからは編入実績も多く、日本の美大のように必ずしも4年間の学費が必要とは限りません。諦めていた留学を考え直すチャンスです!

海外芸術大学VS日本の人気美大 学費比較(1年間)

  都内人気美大例 Central Saint Martins College of Art & Design
イギリス
(ロンドン中心部)
Middlesex University
イギリス
(ロンドン郊外)
Edinburgh College of Art
イギリス
(スコットランド)
SUNY New Paltz
アメリカ
(NY郊外)
入学金 350,000円        
授業料 1,221,000円 約1,173,000円 約1,101,000円 約1,275,000円 約1,030,000円
施設費 330,000円   約31,000円 学部による  
維持費 50,000円        
実習費 32,000円~
63,000円
約36,000~
60,000円
  学部による*1 約23,000円
合 計 1,983,000~2,014,000円 約1,209,000~
1,233,000円
約1,132,000円 約1,275,000円
+ α
約1,053,000円


換算レート(2011年10月現在)1ポンド=119円 1USドル=77円


卒業生たちの留学費用レポート

 イギリス (ロンドン中心部)
Central Saint Martins College of Art & Design (ロンドン芸術大学) 



● 学費 約121万~ 123万円/年

● その他年間費用
家賃(光熱費込) 約83万円 
・食費 約36~43万円
・交通費 約6.7万円

● アルバイト等収入 
「夏休みにバイトをしていた時は月に20日間働いて、約13.5万円の収入がありました。」
 

年間費用合計 約 247万円~256万円



 イギリス (ロンドン郊外)
Middlesex University 


● 学費 約113万円/年

● その他年間費用
・家賃(光熱費込) 約72万円 
・食費約22万円 
・画材、交通費、その他合計で月々10万~11万円程度
・施設費=スタジオ代は1年次約29,000円、2年次約30,000円、3年次約31,000円
・卒業展のための費用=約12,000円(3年次のみ) コースによって異なる。
ex. ファッションは約12万円

年間費用合計 約 231万円~245万円



 イギリス (スコットランド)
Edinburgh College of Art 

● 学費 約128万円+α/年

● その他年間費用
・家賃(光熱費込) 約43万円 
・食費 約22万円(自炊の場合) 

アルバイト等収入
「アルバイトは、時給720円くらいのようです。」

*1 学部ごと実習費:
Jewellery & Silversmithing (デポジット*)約18,000円

* 「デポジットは学校や街の画材屋さんで買う材料費(絵の具やスケッチブック)以外の、各学科に置いている材料に使われます(メタルや特殊なプリントメイキングの材料やファッションの生地、木材など)。」

年間費用合計 約195万円


 アメリカ (NY郊外)
SUNY New Paltz 


● 学費 約103万円

● その他年間費用

・家賃(光熱費込) 約49万円 
・食費 約26万円 
・Foreign Health Insurance 約49,000円 
・Student Service Fee 約44,000円

● アルバイト等収入
「SURE Grantのリサーチを勝ち取ることが出来れば夏休みで約22万円+約6万円の研究費がもらえます。その他のGrantでは基本的に約6万円の研究費。大学の公募なので必ずもらえる保証はありませんが、競争率はそれほど高くないと思います。私の場合は3回の応募で3回とも、もらうことができました。」

年間費用合計 約 187万円


 海外の芸術大学は学びたい分野や学習スタイルに特徴があるので、
進路は学費だけではなく、制作指導を受けながら決めていくのがベストです。




©  2011 Japan College of Foreign Languages