バックナンバー

 

外国人に日本語や日本文化を教える日本語教師は、とても人気のある職業です。きちんと準備していけば、日本や海外での就職のチャンスがあります。日本語教師になる条件としては、「420時間以上の学習時間」または「日本語教育能力検定合格」があります。まずはこのどちらかまたは両方の条件をクリアする必要があります。

日本語教師の採用は、即戦力として経験が問われることが多いので、できるだけ多くの実習を積んでおいた方が良いでしょう。JCFLの国際交流科 日本語教師&文化交流専攻では、420時間を越える学習時間を確保しており、卒業後すぐに1人で教壇に立てるだけの実力を身につけるため多くの実習を行っています。また、日本語科という、留学生が日本語を勉強している学科での実習のチャンスや就職のチャンスもあります。

初めから専任教員になれるケースや、いくつか非常勤の仕事を掛けもちしてさらに力をつけてから専任になるケースなど様々ですが、在学中に理論だけでなく実践を多く学んでおくことが大切です。

国際交流科TOPへ

バックナンバー


戻る