• ホーム
  • 韓国・西江(ソガン)大学交換留学レポート 2016

韓国・西江(ソガン)大学
交換留学レポート

[ 2016:vol.01 ]

いよいよ留学&
授業スタート!

2016

12.25

Reporter

アジア・ヨーロッパ言語科 韓国語+英語専攻 2年 
埼第一学院高等学校 名古屋校出身 
★卒業後は韓国「梨花女子大学」3年次編入予定

憧れの韓国大学キャンパスライフをレポートします!

アジア・ヨーロッパ言語科韓国語+英語専攻では、毎年実施の「キョンヒ(慶熙)大学」に加え、
今年から同じソウルの名門・ソガン大学(西江大学校)との3ヵ月間の「交換留学」制度がスタート!
第一期生として交換留学をスタートさせた在校生の留学レポートをお届けします!お楽しみに!

★ソガン大学(西江大学校)とは?…ソウル市内にある、キリスト教カトリックのミッション系名門大学。
先生と学生の距離が近いアットホームな校風も特徴。

안녕하세요(アンニョンハセヨ)~!
皆さんこんにちは!りさこです!今月からはキョンヒ大学に行ってきた4人とバトンタッチです!
 
私はソガン大学に3か月間、交換留学に来ています。
ソガン(西江)大学は、JCFLで使っている韓国語の教科書を作っている大学なんですよ!
なので授業も楽しみです^^

韓国には12月1日からいるのですが、キョンヒ大学に行った友達が暮らしていた
学生寮とは違い私は下宿をしています!!
 
韓国語では하숙집(ハスクチプ)といいます。
ご主人のご夫婦が管理されているのですがとても親切な方で、
初めて会った時から下宿の部屋の使い方などもずっと手を握って説明してくださいました!
暖かい心がとても伝わって不安と緊張が解けた気がしました♪
 
この部屋は1人部屋でトイレとお風呂が共同です。
そして「食堂」と書かれているお部屋に行けば朝夜に下宿先のお母さんが作ってくれた
暖かいご飯が食べられます!とってもおいしいんですよ!
 
次は学校生活です!レベルチェックテストが終わり5日は初めての授業でした。
私は6級のクラスになったのですが
教室に入るといろんな国籍の韓国語が上手なクラスメイトがたくさんいました!
国籍はフランス、中国、ロシア、オーストラリア、ドイツ、インドネシア、台湾と、
「一度にこんなに多くの国籍の人と出会う機会はないな!」と思いワクワクでした!
 
でも、もう少し上のレベルの授業を受けたい!と思ったため、先生に相談をしに行って、
お昼の「大学進学コース」の授業にクラスを変えてもらうことにしました…。
書き取りの授業が少し難しい内容で、ついていけるか心配ですが、頑張っていきたいと思います!!
ここでは私以外中国の人しかいなく不安でしたが、
とてもフレンドリーな仲間たちで楽しく授業を受けています!!
そして今、日本でも流行っている「SNOW」というアプリで写真を撮りました!
このアプリは全世界共通でとても話題になっていて、国籍の壁が超えられたなと思いました!

クラスも変わり、韓国生活もまだまだ慣れていないことがたくさんですが、
大好きな韓国語を本場で学べることがとっっっっても嬉しいのでこの調子で頑張っていきたいと思います!
また次回でお会いしましょう!!