学校法人
日本外国語専門学校
Japan College of Foreign Languages
Japanese Language Division
資料請求
ホーム

 

 

-2020.8.18

 

2020年度卒業生インタビュー(現・東京藝術大学大学院1年在籍)


Q1.JCFLに入学したきっかけは?

私はもともと京都の日本語学校で勉強していました。
東京の美術大学を目指していたので、受験や作品運びなどは大変時間がかかると思いました。
それで、東京に来ることを決めてから、JCFLの説明会に参加しました。
その日、優しい先生方と出会い、非常に分かりやすい説明をくださいました。
一年間の学習を期待する気持ちが強くなり、入学を決意しました。

Q2.JCFLの授業で一番好きな授業、役に立ったと思う授業は?

一番好きな授業は小論文の授業で、一番役に立ったのは研究計画書の作成の授業でした。
小論文は大学院の入試のため大変重要なことだと考えます。
私にとって一番難しいのは、専門家として論文書くということを意識しながら、
専門的な言葉や特定な表現を一つ一つ丁寧に覚えるということでした。
在学中に、週二回それについての授業を受け、本番の試験で本当に助かりました。
また、研究計画書の作成の授業は非常に自由な時間でした。
自分の研究計画書だけでなく、それについての口頭の説明や面接対策など、
谷口先生と何回も相談して、最終的にうまく自分の頭の中の考えを教授に伝えられる準備ができたと思います。

Q3.担任の先生について

私の担任の先生は谷口先生でした。
私の専攻は美術学なので、研究計画書だけでなく、作品の紹介及び小論文など
いろいろな細かいところまで準備しなければなりませんでした。
谷口先生は非常に親切な先生で、私の学習ニーズにきめ細かく対応してくださって、本当に感謝しています。

Q4.後輩たちにひとこと

皆さん、受検勉強はすごく大変ですが、これからの様々な苦労と挫折をしっかり味わってください。
それは今後、自分を大きく成長させるプロセスだと思います。
努力はいつか皆さんを助ける力になります。

 




バックナンバー

バックナンバー





























































日本外国語専門学校・日本語科 東京
〒171-0031東京都豊島区目白5-18-17 TEL:03-5996-5411JR目白駅 徒歩12分・西武池袋線椎名町駅徒歩5分