学校法人
文際学園
日本外国語専門学校
Japan College of Foreign Languages
Japanese Language Division
資料請求
ホーム
6月の在校生



日中翻訳通訳専科
台湾出身
趣味:水泳、ドラマ

 

Q.日本留学のきっかけは何だったのですか。

26歳のとき、家族が日本に転勤する機会があり、日本に留学することになりました。
そして、日本語学校に1年間通っていました。
学校の後半期がはじまった後、日本語の面白いところと通訳翻訳への興味が深くなって、もう1年間の勉強を決めました。
そのときから、通訳翻訳の学校を探し始めました。

Q.日本外国語専門学校を選んだ理由を教えてください。

ネットでたくさん通訳翻訳を学ぶ専門学校を調べた上で、日本外国語専門学校を見学することにしました。
先生は分かりやすい言葉で授業内容を詳しく説明してくださいました。そして実際の授業も体験できました。
授業の内容も充実していて、就活支援にも真剣に取り組んでいることが分かりました。
そして、英語力も重視していて、それが私にとってのメリットだと思いました。
この三つの理由で、日本外国語専門学校に入学したくなって、選びました。
しかも特待生として、授業料の減免もしてもらいました。

Q.日中翻訳通訳科での勉強はどうですか。

ここ数年、日本に大勢の観光客が集まるようになり、特に中国からの方々がその多くを占めています。
旅行しているうちに、事故や病気などに遭ったりしたら、言葉が通じないため、苦労するかもしれませんから、通訳者はとても重要です。
通訳者がいるから、観光客も安心して日本を満喫できると思います。
私は微力ながらもこのような役割を担える一員になりたく、通訳者になろうと思いました。
日本外国語専門学校に入学してから分かりましたが、通訳者になるためには日本語と中国語がうまいだけでは務まらないということです。
言葉だけではなく、日本への深い理解が必要だと思うようになりました。
学校では通訳翻訳以外日本の文化、歴史、地理、一般常識など教えてくれますので、
日本をより深く理解するにはとても役に立つと思います。

Q.就職内定おめでとうございます。就活をどのようにしてきたかを教えてください。

元々、自己PRや履歴書などを書くのが下手でした。
どうやって書けば謙虚に自己表現できるかがよくわかりませんでした。
先生は履歴書の書き方からを教えくださり、書いたものも何回も直してくださいました。
学内就職センターからの紹介で株式会社日本プレースメントセンターの面接のチャンスをもらえました。
面接する前、ネットでたくさん情報や注意すべきところを調べ、自分で面接のときよく聞かれる問題を想定し、
そして自己分析・企業研究を充分にした上で最終面接に臨みました。

Q.これから日本外国語専門学校で勉強しようと思っている皆さんに一言お願いします。

日本外国語専門学校は自分自身の能力を最大限に引き出してくれるところだと思います。
いろいろな資格試験に参加したり、就活のため指導があったり、また、フィールド・トリップや、先輩との交流の楽しみもあります。
日本外国専門学校では忙しくも生き生きした学生生活が送れますので皆さんぜひ入学してください。

 


 

日本語科の詳細はこちら↓

大学・大学院進学科





バックナンバー

トップページ



















































































日本外国語専門学校・日本語科 東京
〒171-0031東京都豊島区目白5-18-17 TEL:03-5996-5411JR目白駅 徒歩12分・西武池袋線椎名町駅徒歩5分