就職対策を万全にしたい海外帰国者、帰国子女の方へ
海外生活が長い帰国子女の中には、言葉遣いやマナー、面接での対応など、日本での就職や社会生活に必要なスキルが苦手、という人が多くいます。JCFLでは帰国子女の方もこれらのスキルをしっかり身につけられるように、それぞれの学科の専門科目の他に「ビジネスマナー」、「美しい日本語」などの就職対策科目がカリキュラムに組み込まれています。 また、英語はレベル別になっているので得意な語学力はさらにレベルUP!語学力を活かした就職を見事実現した帰国子女のJCFL生・卒業生たちをご紹介します!
キャセイパシフィック航空キャビンアテンダントに内定した帰国子女の先輩

母の母国であるアメリカの高校を卒業したいと思っていたので、中学卒業後に渡米しました。アメリカの大学への進学も考えましたが、日本の専門学校へ行く方がエアライン業界就職に結びつくと考えて帰国。留学中に漢字や日本語の力が落ちてしまっていたので、JCFLに一般常識の授業があって良かったと思います。敬語もあまりできていなかったので、「ビジネスマナー」の授業が役に立ちました。英語圏の帰国子女の人は、英語力が強みになると思いますが、日本と関係した企業で働くには日本のビジネスマナーの知識や日本語力が大切です。

★鈴木さんの就職活動やキャンパスライフの詳細

キャセイパシフィック航空キャビンアテンダントに内定した帰国子女の先輩

南米のボリビアで生まれ育ったのですが、9歳の時に日本で暮らすことになりました。日本へ向かう機内の中で、日本語がまったく話せず、友達や親戚と離れて不安だった私に、キャビンアテンダントの方がとても良くしてくださったんです。その時に、自分もいつかこうなりたいと思いました。高校卒業後に短期留学をし、帰国後高校の先生のアドバイスでJCFLに入学しました。授業を通して、スーツや髪型など、身だしなみをとても意識するようになりました。エチケットやマナーは知らないと気づくことができないな、と思います。

★山川さんの就職活動やキャンパスライフの詳細

キャセイパシフィック航空キャビンアテンダントに内定した帰国子女の先輩

留学を通して空港を利用する機会が増え、さまざまな国の人が行き交う国際的な空間に魅力を感じるようになりました。帰国して初めて参加したのがJCFLのオープンキャンパス。キャビンアテンダント・エアライン科の先生先輩方の美しい立ち姿勢、座り方、また話し方を見て、マナーのしっかりした女性になるという目標ができました。就職活動では、徹底した面接練習や自己分析の指導が内定に結びついたと思います。先生方はとても熱心に指導して下さり、親身になって話を聞いてくださいます。常に向上心を持って生活できるのがJCFLです。自分を大切にしながら目標に向かって頑張って下さい。

キャセイパシフィック航空キャビンアテンダントに内定した帰国子女の先輩

父の仕事の関係で海外に住んでいた時期が長く、飛行機を使うことが多かったんです。物心ついた時には、飛行機が好きで、キャビンアテンダントを目指すようになっていました。1浪して大学を目指しましたが、経済的な理由から進学を断念。改めて進路を考え直しました。その時に思い出したのが、高1の時に友人に誘われて参加したJCFLの「エアラインセミナー」。当時は大学進学しか見えていませんでしたが、客室乗務員の就職実績が高かったことや、オーラのある元CAの先生ばかりだったことがよみがえって、「実は客室乗務員になるには近道かも」と思い、進学を決めました。

★大澤さんの就職活動やキャンパスライフの詳細

キャセイパシフィック航空キャビンアテンダントに内定した帰国子女の先輩

留学はしていても、自分はまだまだ英語の力が足りないという気がしていたので、きちんとした英語の力をつけたくてJCFLに入学しました。通訳科で日本の文化を学び、英語で説明できるようになったことは就職活動で強みになりました。例えば海外のお客様がたくさんいらっしゃるホテルの面接では、自信を持ってその点をアピールできました。またJCFLは企業とのつながりが強いので、普通なら学校に来てくれないような大企業が来校し、しかもその人事やトップの方からお話を聞けるのはとても貴重な経験でした。内定先のホテルに出会えたのも、JCFLにいたからこそだと思います。


★曹さんの就職活動やキャンパスライフの詳細

キャセイパシフィック航空キャビンアテンダントに内定した帰国子女の先輩

母が客室乗務員をしていたので、幼い頃から空港に連れて行ってもらうことが多かったんです。いつの間にかエアラインの仕事に憧れるようになり、高校留学を経験してますます国際的な仕事への思いが強まりました。でも中学を卒業してすぐに留学してしまったので、漢字や敬語の使い方に自信がありませんでした。「ビジネスマナー」の授業で正しい敬語の使い方やTPO(時や場所、状況)に応じたマナーを教えてもらって、自分が今まで間違った敬語を使っていたことを知りました!母親のように信頼できる安部先生のサポートもあり、無事内定を獲得することができました。


★綱島さんの就職活動やキャンパスライフの詳細

就職対策を万全にしたい海外帰国者、帰国子女の方へ

●AO(面談),推薦(書類選考)、一般(グループ面接)の中から、お好きな出願方法をお選びください。詳細はこちら

●現在海外在住の方は一時帰国や完全帰国の際にAO面談(6月以降)、グループ面接(11月以降)を受けていただくか、書類を揃えて推薦(10月以降)でお申込みください。

●提出書類・海外の学校が最終学歴の場合、英語の成績証明書、および卒業証明書(卒業見込み)を学校から発行してもらってください。最終学歴が日本の高校の場合調査書、日本の大学・短大・専門学校の場合は成績証明書を提出してください。

●海外からの出願で、学校見学などができない場合、日本外国語専門学校の入学事務局にご相談ください。(03-3365-6141)