英検基礎講座

第5回

英検3級 「リスニングの勉強方法」

 みなさんは英検対策の勉強をどのように進めていますか?過去問題集を解いて、丸つけをして終わっていませんか?特にリスニングの問題は、「勉強の仕方がわからない!」という声をよく耳にします。そこで今回は、リスニング問題のおススメの勉強法をご紹介します。

 まずは、ひと通り問題を解いてみましょう。リスニング問題のコツは、全神経を耳に集中させ、どのような場面(Where)で、どのような人(Who)が、何について(What)話しているのか、頭の中に映像としてイメージしながら聞くことです。これができるようになると、一つひとつの単語は聞き取れたのに、全体で何の話だったのか思い出せない、ということがなくなります。

  次に丸つけをして、間違えてしまった問題は必ず復習をしましょう。リスニング原稿もしっかりチェックし、間違えた理由を分析します。分からない単語がたくさんあったからか、あるいは単語の意味はわかったのに文の意味がわからなかったのか(前者の場合は「単語の勉強」、後者は「文法の復習」に力を入れましょう)、はたまた前の問題を引きずっていて頭の切り替えができていなかった、という理由も考えられます。

 さあ、間違えの傾向を把握したら、ここからその問題を自分の体に染み込ませるトレーニングに入りましょう。

@まずは、発音の確認をしながら、同じ問題を数回集中して聞きます。
A次にチェックした発音に気をつけながら音読をしましょう。耳だけでなく、目(読む)や口(話す)もフ
  ルに使って定着させます。スムーズにできるようになるまで繰り返しやってみましょう。
B今度は、音声を流しながら、同時に音読してみましょう。さきほどの音読よりスピードアップしてよ
  り英語らしく発音しましょう。
C仕上げに、シャドーイング練習をやってみましょう。これは、原稿は見ずに、音声を流しながら聞こ
  えてきたままをシャドー(影)のように後に付いて発音する、という練習で集中力を鍛えるのにも
  効果的です。ここで発音できない箇所は、聞き取りが十分でない か、発音がマスターできていな
  い可能性がありますので最終チェックも兼ねてやってみましょう。余裕があれば、その問題に、自
  分の情報をあてはめてオリジナルの文章を作ってみるとよいですよ。2次面接試験対策にもなり
  ます。例えば次のように!


(2009年度第3回検定 一次試験問題 第3部No.23)
I’m going to visit Rome this summer.It’s the capital of Italy.The city has many old and interesting places to see.Rome also has several pro soccer teams.I want to watch a game there.

自分のオリジナル情報で・・・
I’m going to visit Asakusa this weekend.It’s an old downtown area of Tokyo.This place has many old and interesting places to see.Asakusa has a lot of souvenir shops for tourists from other countries.I want to talk to some tourists and try out my English there.

このように、五感をフル活用して復習しておけば、「聞けなかったら、どうしよう・・・」という不安が消え、自信を持って問題に臨むことができます。ぜひトライしてみてくださいね。英検対策セミナーでもお待ちしています!



英検基礎講座バックナンバー

今月の英検の先生
総合英語科宮宗先生


学科/総合英語科

略歴/早稲田大学卒業後、英会話スクール講師や企業での社内翻訳・通訳を担当。英検1級、通訳案内士(国家資格)、TOEIC990点満点取得。