今月の在校生

今月は、大学の国際関係学部を中退し、JCFL国際関係学科に入学。充実した毎日を送る清水さんの特別ロングインタビューをお届けします!

★クリックすると項目に飛びます
■私が大学の国際関係学部を辞めてJCFL国際関係学科を選んだ理由!>>
■新しい発見の連続!JCFL国際関係学科の授業の魅力>>
■就職活動が楽しみに!担任の先生の「魔法の一言」>>

1 モヤモヤしていた大学時代。
   本気で学びたくて、JCFL国際関係学科へ。               
  

高校卒業後、大学の国際関係学部に進学しましたが、期待していたような授業が受けられず、モヤモヤしたまま過ごしていました。大学1年の後期にアメリカの大学に留学し、学べる環境の整った海外の大学の魅力を感じ、きちんと学びたいという思いが強くなっていきました。そして、大学2年の終わりに退学し、留学を目指しましたが、家庭の事情で断念することに。そこで初めて専門学校に目を向けました。とは言っても、最初は専門学校で国際関係が学べるとは思っておらず、まったく違う分野に目を向けていたので、「国際関係」をキーワードに専門学校を検索をしたのは、たまたまだったのですが。そこでJCFLの国際関係学科を見つけたんです!3年制の学科ということも他とは違いビックリでしたね。


2
入学前の個別相談で「JCFLの先生は人が好き!」という言葉を実感!
 

日本の大学に期待が持てずに退学したので、実はJCFLの説明会にも期待せずに参加しました。…が、その思いは説明会で吹き飛びました!先生方がじっくりと時間をかけて個別に相談にのってくださって。その時に担当の山下先生に言われたのが「この学校の先生はみんな人が好きなのよ」という言葉。本当にとことん進路相談にのってくださり、先生方のその思いは本当なんだなと実感。なおかつ国際関係学科は、海外のことだけでなく日本文化についても知ることができると知り、ますます魅力を感じました。他の先生にも「大学の4年間より絶対に濃い時間になる!」断言され(笑)、入学を決意しました。

3 一つひとつの授業がつながっていく国際関係学科の授業。       
 秋山先生の授業の最初の15分で「この学校に来て良かった!」と思った!


担任の秋山先生の授業は「こういう授業が受けたかった!」というものばかり!初めて秋山先生の授業を受けたとき、最初の15分で「この学校に来て良かった!」と心から思いました。「国際関係」という分野は幅広い分野なので、大学では幅広すぎて何をやっているのかわからなくなってしまったり、逆に専門的すぎて他の科目や、世界とのつながりがわからなくなってしまったりしていました。でも、JCFLの国際関係学科の授業は専門的でありながら、一つひとつのことにきちんとつながりがあります。例えば、歴史上の出来事1つをとっても、それが昔の断片的な事柄ではなく、今とのつながりがあることを学んだり。地理と歴史などさまざまなことを関連付けて学び、世界の縦軸と横軸がつながって広がっていくんです。

4 「アメリカ育ちの秋山先生」から「洋書」で学ぶ授業は、
   新たな発見に驚きの連続!               
  

さまざまなことが関連付けられて学べるのと同時に、「今までなかった視点を持てる」ようになるのも国際関係学科ならでは。まず、アメリカ育ちの秋山先生の視点が私たちとは違うんです!日本の教育をずっと受けてきた私としては、本当に不思議な感覚です。例えば、日本では「悪人」として捉えられている歴史上の人物が、アメリカでは「英雄」だったり。「同じものを見ているのに、どうしてそんなに感じることが違うんだ!」と毎回、驚きの連続!もちろん、アメリカ育ちというだけでなく、先生の知識の深さがそこにはあるのだと思いますが、本当に先生の中に入って、先生から見える世界を見てみたいくらい(笑)。それに、国際関係学科では日本の教科書ではなく、洋書を教科書として使うので、そこでも今まで日本の教科書を通して学んできたのとは違った見方、考え方があることに気づきます。それと同時に、日本人として生まれ日本にいるのに、日本のことを知らない自分にも気づかされました。

5 おススメ授業は「多国籍企業論」。

   企業と自分を分析し、国際化社会で活躍できる人材に!


たくさんのおススメの授業の中で、特に好きなのが「多国籍企業論」。企業とそこで働く人の傾向をつかむ勉強をしました。目安となる項目がいくつか設定されていて、それぞれの国の文化や習慣を考えながら、傾向を分析していくんです。さらにそれを応用させて、「自分の就職したい企業はどう?」「自分はどんな性質?」と分析することもできます。これは就職活動の企業研究や自己分析にも活かせますね!そして、こういった傾向を知り、そして自分で分析できることは、国際的に活躍する上でもとても重要だと思います。

6 秋山先生の教え@「習ったものは出せ!」       


多国籍企業論の授業に限らず、「習ったものは出せ!」が秋山先生の教え。学んだ知識は普段の生活の中でアウトプットしています。日常生活でアウトプットするタイミングでは、頭の中に秋山先生が現れて(笑)。そうすると、映画1つをみても「文化がこうだからこうなるのか!」と知識と知識がつながって、新たな発見が日常でどんどん生まれてくるんです。

7 秋山先生の教えA
   「すべてのことに意味はある。どうしてそうなるのか調べなさい!」        
そして、秋山先生のもう1つの教えが「すべてのことに意味はある。どうしてそうなるのか調べなさい!」。自分で調べても、なかなか答えまでたどり着けないときもあります。でも、それも先生は「わかったことがあることが大事!」とおっしゃるんです。「調べるというのは、全部わからなくてもいいんだ!」と調べることが楽しくなりましたね。そして、自分の調べたことと友人の調べたことを合わせてみて、「そうなんだ!」と発見があることもあります。

8 TOEICの単語帳はアメリカ育ちの秋山先生オリジナル!
   どんどん英語が身につきます!        


TOEICの単語帳はアメリカ育ちの秋山先生が「一度も使わなかったことがない!」という単語だけを集めた濃密なもの。使える単語ばかりなので、それを「English Communication Skills」(ECS=ネイティブの先生の英会話)の授業で使うのが楽しみですね。ECSの授業では、イギリス人のTom David先生が細かく間違いをチェックして、正しい言い回しを教えてくれるので、どんどん上達することができました。TOEICは「TOEIC&TOEFLの神様」内宮先生に教わったのですが、問題の解き方は本当に単純明快で「目からウロコ」!今まで文法で苦労していたのは何だったんだろう!!と思うほど、みるみるうちに文法問題も解けるようになりましたね。TOEICは765点に到達しました!

9 国際関係学科の「共有」を大切にする授業で、
   人に対してのカベも薄くなりました。        


国際関係学科では、まわりの人と「共有」する機会がたくさんあります。「勉強は1人でするもの」というイメージがありましたが、今はみんなで「自分が何を学んだのか」を話すことも多いんです。それによって、考え方は一つじゃないと教えられますし、「自分のことを知ってもらおう」という姿勢も自然と生まれてくるんです。こうしてクラスメイトと共有する中で、人に対してのカベも薄くなったと感じています。

10 大学時代はネガティブなイメージだった就職活動も今は楽しみに!

大学にいたときは「就職活動」のイメージはネガティブで「怖い」と思っていました。「これで私が社会人になれるの?」と不安があったんです。だからこそ、JCFLの高い就職率は学校の決め手の1つでしたが、それでも不安があって…。それを秋山先生に話をすると「就職活動は楽しいはずだよ!自分や家族、学校を堂々と自慢できるめったにない機会なんだから!」「企業に『選ばれる』のではなく、企業を『選ぶ』んだよ!」「どんな企業があるんだろう、という気持ちで向かってみたら?」と言ってくださったんです。それで気持ちが軽くなりました。他の先生方も私たちを下手に焦らせることなく、でもやるべき時期が来たらいろいろと教えてくださり、「大丈夫」と安心させてくれるんです。

11 日々の授業と年3回の「企業&業界セミナー」で
    就職活動の練習&準備!        


あいさつなどビジネスマナーは日ごろから学び、そしてそれを「企業&業界セミナー」などで実践する機会があるので、身につきますし自信にもなりますね。JCFLでは、「企業&業界セミナー」が年3回行われるので、就職活動でいきなり本番ではなく、少しずつ「次はこれをやってみよう」と練習し、そして就職活動前に良い緊張感で臨める場がたくさん用意されているんです。一度、授業のリサーチの一環で、クロアチアの政府観光局の方にお会いしたことが会ったのですが、こういうところでも外部の方との接し方や度胸を身につけることができました。

12 今、興味がある仕事はインフラや街づくりに関わること。
    国際関係の授業がきっかけです。        


今はインフラ(社会の基盤となる道路、交通、建物や情報網など)や街づくりに関わる仕事をしたいと思っていますが、それも国際関係学科の歴史の授業で人類の始まりから現代までを学び、いかにインフラが大切かを知ったことがきっかけ。歴史上、なぜそこに道や港が作られ、それができたことで何が変わったのか。それらについて学ぶ中で、その大切さを実感したんです。

13 JCFL国際関係学科で世界が変わった!自分が好きになった!     

JCFLの国際関係学科で学んで本当に自分の世界が変わりました。勉強の仕方がわかって、勉強に対する考え方も変わります。そんなふうに勉強をすると、毎日の生活の中で、本当にたくさん「授業で学んだことだ!」ということがあって、身につく知識の量が大学とは全然違います!

そして、国際関係学科で得たものは、世界や社会に関する知識だけではないんです。大学にいたときは、将来に対する漠然とした不安がありました。でも、JCFLではたくさん学び、そして、就職に対するサポートもあって、今はその思いもポジティブなものに変わっています。私は本当にJCFL国際関係学科が好きです。国際関係学科の学生たちの興味はそれぞれ違いますが、みんなどの授業も熱心に取り組んでいます。本当にみんな真面目ですね。大学では、よく言えば「自由」ですが、だらけてしまいがち。JCFLでは、しっかりと規律があって、やることはやる!というところが大好きです。学校の自慢ができるって、本当に気持ちよいですよ(笑)!そして、そんな風に気持ちよくいられるから、ポジティブな自分になって、自分が好きになれたんです!「自分は自分でいいんだ!」そう気づかせてくれたのも国際関係学科です。


★先輩たちがおススメする国際関係学科の授業をのぞいてみよう!>>

 


国際関係学科の在校生
国際関係学科2年

国際関係学科在校生

東京都立大泉高校出身/
大学国際関係学部2年次中退


★国際関係学科で見える世界が変わります!