海外留学科

 

“国際進学の時代”世界の大学から進学先を選ぶ。
進学の新しいカタチ「正規留学」で可能性の国境を超える。

言葉や文化の壁を超え、自分自身の可能性をグローバルに広げる。
そんな未来を実現するための国際進学、それが「正規留学」です。
短期留学では得られない高いコミュニケーション力。
世界レベルの専門知識、そして国際的なネットワーク。
海外の大学は、グローバルに活躍する力を手に入れる最高の学びフィールドです。
今、日本の若者のために国をあげた「国際進学」の呼びかけも高まっています。
「正規留学のパイオニア校」日本外国語の「海外留学科」で、
ぜひ皆さんも世界の大学で学び活躍する未来を目指してください。

留学・就職ならJCFL

カリフォルニア州立大学ノースリッジ校「マーケティング学」専攻

留学先の大学に単位移籍もできるJCFLが世界の扉を開いてくれた。

高校時代の私はサッカーに没頭していたため英語力に自信がありませんでした。そんな時、高校の先生に提携大学1年分の単位を取得・移籍ができて、留学に必要な準備がしっかりできるJ C F Lの海外留学科を勧められ、入学を決意。TOEFLやIELTS対策はもちろん、欧米スタイルの授業で留学後を明確に見据えた1年間を過ごすことができました。

海外留学の醍醐味は、日本では学べない本物の経験。

日本の大学との違いは、圧倒的な実践の質と量。たとえば「運営管理」の授業では、自分たちで事業を立ち上げ、利益やコストも考え、なんとCMまで作ってしまいます。まさに本物の体験です。今このような学びの機会を得られているのは、勇気を持って国境を越えたからこそ。常に夢を叶える強い意志を持ち挑戦し続ければ、必ず自分の可能性を切り拓くことができると強く感じています。

海外留学科 アメリカ・カナダ留学コース 2014年卒

埼玉県武南高校出身

「日本マイクロソフト」勤務
アメリカ/インディアナ州立大学「マーケティング学」専攻卒

マーケティング・コンテストで全米『TOP10』に選抜。
日本では経験できない、「挑戦」の連続でした。

中学の頃から英語が好き。いつかは海外留学したいと考えていました。楽しむだけで終わるのはイヤでしたので、正規留学の実績を持つJCFLへ入学。海外留学科で学んだ1年間は、実際の海外大学のテキストなどを使い、本場そのものの授業を日本にいながらにして経験できました。プレゼンテーションやリサーチなどもJCFLで場数を踏んでいたおかげで、渡米後もスムーズに授業に入れました。また、J C F Lで1 年間学んだ科目をアメリカ大学に1年分単位移籍でき、3年間で大学を卒業できた点も大きなメリット。全米に留学しているJCFLの友人たちとの出会いも、留学中の励みになりました。留学したインディアナ州立大学では「マーケティング学」を専攻。実在する商品を使ったマーケティング戦略の考案など実践的な授業が多かったです。特に想い出に残っているのは、クラスメイト3 名とチームを組んで挑戦したHONDA社の車「CR-Z」の全米マーケティング・コンテスト。学内審査を勝ち抜き、さらに27大学対抗のコンテストを経て、なんと全米TOP10に選ばれる快挙を達成!最終的には実際の車も貸し出されるというスケール感がさすがアメリカで、地元のラジオ局や新聞社ともコンタクトをとりPR。この経験を通して交渉力が一気についたと思います。

海外留学科 アメリカ・カナダ留学コース 2008年卒

神奈川県立横浜平沼高校出身

  • 特待生合格 授業料10万円免除

教員紹介

  • イギリス・オーストラリア
    留学コース

    藤原 大祐先生

    ロンドン大学大学院修士課程(開発学)修了。世界各地でフィールドワークを行い、また翻訳や英語教授にも携わる。学生の留学カウンセリングに定評。

    イギリス・オーストラリア留学に
    必要なスキルを1年間で修得できます。

    国公立で高い教育水準のイギリスやオセアニア等の大学は、一般教養科目がなく、興味ある分野を3年間集中して学べます。チュートリアル制度も充実しています。

  • アメリカ・カナダ留学コース

    小島 毅士先生

    アメリカ/ウエスト・バージニア大学卒。シラキュース大学大学院修士課程修了。米国でアスレティックトレーナーとして活躍後、当校で教鞭を執る。

    経験を活かして、
    留学をサポートします。

    東京オリンピック開催が決まり、スポーツを通して世界を迎える日がやってきます。留学を通し、世界の友人と一緒に成長していきましょう。

  • アメリカ・カナダ留学コース

    山口 美智子先生

    アメリカ・バージニア州ラドフォード大学にて経営学士号取得。専攻は経営学と国際経済学。留学中はさまざまなクラブや委員会で活躍。

    教育の質が高い
    アメリカ・カナダの大学で学びましょう。

    専攻分野が豊富なアメリカと、ほとんどの大学が州立で経済的なカナダ。どちらの国も教育水準が高く、勉強に最適な環境の中で自分の個性を発揮できます。

  • イギリス・オーストラリア
    留学コース

    Warren Crundall先生

    イギリス出身。リーズ大学卒業。主にEAP(English for Academic Purposes)や海外大学教養科目を担当。楽しく英語を学ぶ環境づくりを常に意識している。

    留学を考える時、
    コミュニケーションの力が大切です。

    グローバル化により世界は狭くなり、欧米も遠い国ではなくなりました。留学は、あなたの将来に無限の可能性をもたらしてくれますよ。皆さんにさまざまな事を教える日を楽しみにしています。

  • 海外芸術大学留学コース

    Matthew Higgins先生

    ロンドン芸術大学チェルシー・カレッジ・オブ・アート&デザインで写真を専攻し修士課程修了。現在、JCFLで英語とアート&デザイン教育に携わる。

    私の情熱を注いで
    皆さんを留学に導きます。

    芸術留学を志し、また英語のスキルアップを目指す皆さんを、イギリスで芸術の道を歩んできた私が情熱を持って指導します。世界への扉は開かれています。

その他の留学コース

資料請求 odカレンダー 学科別オススメイベント