海外留学科

 

正規留学パイオニア校から世界の大学を目指す。
国際進学で国境を越える。可能性を超える。

世界中から集うさまざまな学生や教授陣とともに学ぶ留学の日々。それは、語学はもちろん、グローバル社会で求められる広い視野とコミュニケーション力、自己発信力を磨く絶好の機会。専門的な学びを深め、国境を越えて活躍できる国際人を目指して、正規留学のパイオニア校JCFLで国際進学を実現しましょう。

活躍する卒業生

アメリカ/インディアナ州立大学 「マーケティング学」専攻卒

マーケティング・コンテストで全米『TOP10』に選抜。
日本では経験できない、「挑戦」の連続でした。

中学の頃から英語が好き。いつかは海外留学したいと考えていました。楽しむだけで終わるのはイヤでしたので、正規留学の実績を持つJCFLへ入学。海外留学科で学んだ1年間は、実際の海外大学のテキストなどを使い、本場そのものの授業を日本にいながらにして経験できました。プレゼンテーションやリサーチなどもJCFLで場数を踏んでいたおかげで、渡米後もスムーズに授業に入れました。また、J C F Lで1 年間学んだ科目をアメリカ大学に1年分単位移籍でき、3年間で大学を卒業できた点も大きなメリット。全米に留学しているJCFLの友人たちとの出会いも、留学中の励みになりました。留学したインディアナ州立大学では「マーケティング学」を専攻。実在する商品を使ったマーケティング戦略の考案など実践的な授業が多かったです。特に想い出に残っているのは、クラスメイト3 名とチームを組んで挑戦したHONDA社の車「CR-Z」の全米マーケティング・コンテスト。学内審査を勝ち抜き、さらに27大学対抗のコンテストを経て、なんと全米TOP10に選ばれる快挙を達成!最終的には実際の車も貸し出されるというスケール感がさすがアメリカで、地元のラジオ局や新聞社ともコンタクトをとりPR。この経験を通して交渉力が一気についたと思います。

海外留学科 アメリカ・カナダ留学コース 2008年卒

神奈川県立横浜平沼高校出身

  • 特待生合格 授業料10万円免除
  • 「日本マイクロソフト」勤務

アメリカ/ウエストバージニア大学 同大学院卒 「会計学」専攻

会計学を学ぶきっかけは、JCFLの楽しい授業。夢と可能性を広げてくれました。

世界各国から多くの学生が集まる大学ならではの学びや行事を体験。JCFLで学んだ会計学が基礎となり、大学院にも進みました。

アメリカ・カナダ留学コース 2005年卒

神奈川県立生田高校出身

  • デロイト・トウシュ・トーマツ ニューヨーク支店勤務

カナダ/マウント・アリソン大学 「国際関係学」専攻

日本で留学先と同じ授業スタイルを経験したことが大きかった。

カナダからチリ、コスタリカにも留学。各国の文化や人々にふれ、培ったグローバルな対人能力は、現在の仕事につながっています。

アメリカ・カナダ留学コース 2009年卒

埼玉県立伊奈学園総合高校出身

  • 特待生合格 授業料 20万円免除
  • ゴールドマン・サックス(シンガポールオフィス)勤務

イギリス/ウェールズ大学トリニティ校 「観光学」専攻

日本を飛び出して追いかけたホテリエの夢。サポートしてくれたのはJCFLでした。

歴史や文化遺産を大切にする国で観光学を学びたいと留学を決意。卒業後にロンドンのホテルで働いたことが今とても役立っています。

イギリス・オーストラリア留学コース 2007年卒

千葉県立鎌ヶ谷高校出身

  • 特待生合格 授業料10万円免除
  • グランドハイアット東京 勤務

オーストラリア/クイーンズランド大学 「獣医学」専攻

オーストラリアで多くの人が憧れる獣医の仕事を任されている責任と誇りを胸に。

夢を現実に近づけてくれたのはJCFLの日々。世界中から優秀な学生が集う大学で、実践的な授業を受け、獣医になるという具体的な夢を実現しました。

イギリス・オーストラリア留学コース 2005年卒

福井県立金津高校出身

  • 特待生合格 授業料 20万円免除
  • ブリスベン市立動物愛護センター 獣医

JCFLだからできる国際進学正規留学プログラム

正規留学のパイオニア校である日本外国語は、48年にわたり単なる海外体験ではない本物の留学を実現、成功へ導いてきました。国際進学を成功させる独自の留学準備プログラムとして、留学に必要なコミュニケーション能力(英語力)や海外大学の授業に対応できる学習スキル、スムーズな留学生活のための異文化理解など、充実したカリキュラムを用意。いずれも留学経験のあるクラス担任が一人ひとりの留学をきめ細かくサポートしています。日本から世界の大学を本格的に目指せるスペシャルコースです。

正規留学とは:海外の2年制〜4年制大学や大学院等の教育機関に進学し、学位課程、修士課程を終え、資格取得を目指す留学。短期留学や語学留学と違い、TOEFLやIELTSの基準を満たした高度な語学力のもとで真の留学を実現すること。

JCFL入学から留学までの留学準備スケジュール

EAPEnglish for Academic Purposes

海外大学で通用する「英語力」を1年間で高める。

EAPとは:海外大学の授業に対応するために必要な「話す・聞く・読む・書く」の英語4技能のレベルアップを目指し、総合的な英語力を修得する「英語集中トレーニング」です。

ネイティブやバイリンガル教員中心の授業

JCFLでは、海外大学での留学生活に必要な“使える英語”を身につけるため、週10〜13時間超の英語の授業をネイティブ教員やバイリンガル教員等が担当。生の英語にふれ、実践的な英語力を確実に伸ばします。

きめ細かなレベル別クラス編成

自分に合ったレベルで英語を学べるよう、細かくクラスを編成。実力が上がれば上のクラスへ進めるので、常に同じレベルのクラスメイトと最適な環境で学びながら着実に力をつけることができます。

TOEFL対策/IELTS対策

“TOEFLのプロフェッショナル教員”が教える。

アメリカ大学の留学には、各大学が求めるTOEFLスコアをクリアする必要があります。出題傾向に沿った約10,000個の単語、正しいリスニングと文法の修得に向けて徹底伝授。留学後にも役立つ応用力も身につけます。

レベル別・スキル別に学び、確実にスコアアップ。

英語の総合力・思考力が問われるIELTS。実践的なテキストと丁寧な解説で基礎から指導します。スピーキング、リスニング、リーディング、ライティングを学習。留学後に必要な“自分で考え、表現する力”を身につけます。
※海外大学ではTOEFL/IELTS両方で受け入れを可能になってきているので教育の方針にあわせて選択して指導します。

アメリカ大学単位移籍科目

アメリカ大学1年分の教養・専門科目の単位が取得できる

単位移籍科目とは、JCFLで授業が受けられるアメリカ大学の教養科目。JCFLで取得した単位を、提携大学の1年次の単位として移籍し、2年次に編入できます。(カナダ留学も一部の大学へ2年次編入が可能) 自己発信を重視した海外大学型の授業スタイルで、留学後の専門分野の学びにも大いに活かされる授業です。

※JCFL卒業時の英語力が不十分な場合は、各大学が指定する語学教育機関で、英語講座を受講する必要があります。また、留学する大学や学部によっては、単位移籍できる科目数が異なる場合があります。

イギリス・オーストラリア大学進学教養科目

ファウンデーションコース相当に認定され学位課程からの留学も可能に

イギリス・オーストラリア大学(学位課程)への留学は、入学前にファウンデーションコースと呼ばれる大学進学教養課程を現地で履修し、修了することが条件です。JCFLでは現地と同等・同レベルの学習を実施。提携大学によってはファウンデーションコースに認定され、学位課程へ直接留学もできます。

※卒業時の英語力が不十分な場合や、大学・専攻により大学進学教養課程(ファウンデーションコース)の履修が必要となります。

JCFLアカデミック・ガイダンス

JCFLだからできる「英語」「教養」+αの留学準備ホームルーム

留学専門の担任(チューター)が、学生のさまざまな相談に答えて、留学に関するあらゆる情報を提供する毎週のホームルーム。1年間という短い期間で留学に向けた準備を徹底して行うため、学習面での段階を踏んだ目標設定や個別面談を実施しています。それぞれが希望する留学先に合った語学レベルや、専門分野の知識などを把握して、学習方法などの最適なアドバイスを行います。

学内海外大学ガイダンス

各大学アドバイザーによる留学インフォメーション

JCFLでは、毎年、海外大学 学部研究のために世界の提携大学から留学アドバイザーが多数来校してセミナーを実施しています。各大学の特色や授業、心構えや街の様子まで、具体的な情報提供を行ってくれます。これも多数の海外提携校と長い留学実績をもつJCFLならではのメリットです。

留学オリエンテーション

年2回の留学オリエンテーションで留学の最新情報を保護者と共有

JCFLでは、保護者を交えた全員参加のオリエンテーションを年に2回実施。10月は志望大学・学部選びについて、2月は渡航手続きなどに関して説明します。さらに留学中の先輩が帰国して、現地の様子や心構えなど体験談を交えながら話してくれる機会もあります。

担任が留学経験を活かしてサポートします

  • イギリス・オーストラリア留学コース/アジア・ヨーロッパ留学コース

    藤原 大祐先生

    ロンドン大学大学院修士課程(開発学)修了。世界各地でフィールドワークを行い、また翻訳や英語教授にも携わる。学生の留学カウンセリングに定評

    留学に必要なスキルを1年間で修得できます。

    国公立で高い教育水準のイギリスやオセアニアの大学は、興味ある分野を3 年間集中して学べます。チュートリアル制度も充実しています。アジア・ヨーロッパ大学への留学も今注目です。

  • イギリス・オーストラリア留学コース/アジア・ヨーロッパ留学コース

    小島 毅士先生

    アメリカ/ウエスト・バージニア大学卒。シラキュース大学大学院修士課程修了。米国でアスレティックトレーナーとして活躍後、当校で教鞭を執る。

    経験を活かして、留学をサポートします。

    東京オリンピック開催が決まり、スポーツを通して世界を迎える日がやってきます。留学を通し、世界の友人と一緒に成長していきましょう。

  • アメリカ・カナダ留学コース

    山口 美智子先生

    アメリカ・バージニア州ラドフォード大学にて経営学士号取得。専攻は経営学と国際経済学。留学中はさまざまなクラブや委員会で活躍。

    教育の質が高いアメリカ・カナダの大学で学びましょう。

    専攻分野が豊富なアメリカと、ほとんどの大学が州立で経済的なカナダ。どちらの国も教育水準が高く、勉強に最適な環境の中で自分の個性を発揮できます。

  • 海外留学科全コース 

    田中 洋一先生

    京都大学大学院 工学研究科修了。アメリカ・ネバダ大学修士課程 英語教授法(MA-TESOL)修了。英語教育及び理系留学の指導を担当。

    理系分野の留学も理系の頭脳と語学指導で私がサポートします。

    理系としての経験と英語教育の知識を活かし、数学や研究論文など、理系分野の留学を目指す皆さんを基礎から全力でサポートします。

  • イギリス・オーストラリア留学コース

    Warren Crundall先生

    イギリス出身。リーズ大学卒業。主にEAP(English for Academic Purposes)や海外大学教養科目を担当。楽しく英語を学ぶ環境づくりを常に意識している。

    留学を考える時、コミュニケーションの力が大切です。

    グローバル化により世界は狭くなり、欧米も遠い国ではなくなりました。留学は、あなたの将来に無限の可能性をもたらしてくれますよ。皆さんにさまざまな事を教える日を楽しみにしています。

  • 海外芸術大学留学コース

    Matthew Higgins先生

    ロンドン芸術大学チェルシー・カレッジ・オブ・アート&デザインで写真を専攻し修士課程修了。現在、JCFLで英語とアート&デザイン教育に携わる。

    私の情熱を注いで皆さんを留学に導きます。

    芸術留学を志し、また英語のスキルアップを目指す皆さんを、イギリスで芸術の道を歩んできた私が情熱を持って指導します。世界への扉は開かれています。

その他の留学コース

資料請求 odカレンダー 学科別オススメイベント